自己紹介

 

 

 東洋大学 社会学部 社会心理学科 教授 加藤司 (心理学)博士
 
 

略歴

〇 関西学院 文学研究科 心理学専攻 博士課程後期課程 修了

〇 今田寛 門下生

〇 以降 なんとなく 現在に至る。研究環境が得られる機会をひたすら待つ。

 

夢の変遷

〇 マジンガーZ → 総理大臣 → 社長 → 弁護士 → ノーベル賞科学3賞受賞者 → 研究者

〇 順調に、夢を実現させている

 

現在の夢

〇 ルチ将軍の独裁政治を崩壊させ、世界征服をする

 

提唱・命名した理論や仮説

〇 Dual-Process Theory on Coping Flexibility 提唱 

〇 Coping Flexibility Hypothesis 命名

〇 Imagination Hypothesis 提唱

 

研究者ID 

〇 ORCiD:  0000-0002-0827-0051

〇 ResearcherID:  C-2066-2014;  h-index = 5

〇 ResearchGate: Tsukasa Kato; h-index = 10

 

〇 注意

〇 上記以外の業績リストに関して、私は一切関与していない。Facebook、Twitter、Linkedinもやっていない

 

 Kato's Labo 家訓

 

 シャアザクは、ザク(凡人)の3倍の速さだという 

 凡人は人の3倍努力して、ようやく、シャアザク並みに戦える 

 それでも、凡人がシャアザクに勝つことは、きわめてまれだろう

 たとえ努力するシャアザクになっても、ガンダムには敗れてしまう 

 それでも、凡人は努力するほかない  

   

 いつ来るかわからないチャンスを手にするために

 
 

 研究スタイル

  

 研究は命を削って行うもの

 イブ・クイックは必需品

 研究室で、死ぬのが理想

 研究者は結果を示してこそ研究者  論文が掲載されてこそ研究者

 結果を出していないひとは、ただのヲタク

 結果が出なくなったら(論文が掲載されなくなったら)、自ら大学を去る。

 

 生涯、研究者でありたい。

 

マイブーム

 

2017 04-25 連日の下痢に、もううんざり

 

問い合わせ先

 

〒112-8606

東京都 文京区 白山 5-28-20

東洋大学 社会学部

加藤司(宛)

mtsukasa@toyo.jp

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system